気になるジュエリー買取情報

2019年5月27日

ブルガリ・BVLGARIの偉大な歴史がここにある!

ブルガリ・BVLGARIの魅力の虜になっている日本人の方々も多くいらっしゃることでしょう。

ブルガリ・BVLGARIには、 既に1884年創業以来130年を超える歴史が存在します。

ティファニー・Tiffany派という人たちもいらっしゃることでしょう。

カルティエ・CARTIERがいいという人たちもいるかもしれません。

まさに、ブルガリ・BVLGARIは、ティファニー・Tiffany、カルティエ・CARTIERに匹敵するほどのイタリアを代表するジュエリーブランドということが出来ます。

ブルガリ・BVLGARIの歴史

1884年、ブルガリ・BVLGARIの歴史がここにスタートします。ギリシャ系イタリア人ソティリオ・ブルガリが、ローマのヴィア・システィーナにショップを出し、 伝統的なギリシャ建築をベースとしつつ、当時の最先端の技術をうまく取り入れたブルガリのスタイルで様々な人たちを既に魅了させることになります。

ブルガリ・BVLGARIの魅力は、「革新的魅力」と言っていいのではないでしょうか。

アメリカ イギリス フランスを意識した経営

更に、ブルガリ・BVLGARIはソティリオの息子であるコンスタンティノとジョルジョにより、イタリア人だけに留まることをせず、アメリカ、イギリスを意識した経営へと変化していきます。

更に、イタリアに拘りを持たず、 フランス様式が有効的に活かされることになります。まさに、 当時デザインのトレンドはフランス様式が最先端だったのです。

古代ローマ様式に立ち戻る

ブルガリ・BVLGARIは、フランスもしっかり意識して、ジュエリーブランドを提供することになります。

しかしブルガリ・BVLGARIのこのような流れは、突然停止することに。ブルガリ・BVLGARIのしてきた、フランス路線は、従来のギリシャ建築をベースとした古代ローマ様式に立ち戻ることになります。

まさに、ブルガリ・BVLGARIのこの方向転換は、あとあとまで評価されており、現在のブルガリ・BVLGARIの地位を確立させるための要因とも言われています。

ブームには簡単に従わない

まさに、ブルガリ・BVLGARIのこのようなモチベーションは、流行には簡単には従わないという強い意志です。

更に、ブルガリ・BVLGARIは、「ドルチェ・ヴィータ(甘い生活)」ともいうべき時代に、オードリー・ヘップバーンやエリザベス・テイラーといった著名人によって、どんどん知名度を増すことになります。

更に、1970年代には、ブルガリ・BVLGARIは、世界へ打って出ることに。

1980年には、スイスに「ブルガリタイム」を設立、時計ブランドにも参入することになります。

そして。2011年に世界最大のブランドであるLVMHの傘下となることを発表することになります。