教えて!母の日プレゼント

2019年4月3日

母の日Mothers’ Dayに思う なんで父の日はインパクトがないの?

母の日(Mothers’ Day)にはひょっとしたらもっと深い意味があるのではないでしょうか。まさに、母、お母さんとは、母なる大地の母なのです。

母の日Mothers’ Dayの本当の意味

私達は大地で生きています。比較して天は父親という位置づけがありますが、思えば天という存在は大地よりも判りづらい未知なるものです。天ももちろん私達の大地に影響・恵みをもたらすものですが、しかし、それがない限り、私達は、いつも大地を見続けてしまうものではないでしょうか。

父親も偉いことに間違いはないけど

お父さんも大事なのでしょうけど、時としてお父さんは忘れさられてしまう存在とも言えるのは、お父さんという存在が「天」の存在だからです。

なぜお母さんが、大地なのかといえば生命を生む存在だからです。天の恵みによって植物が育つという言い方も出来ますが、それでも私達は、しっかり大地の方を見ているのです。

天という存在は敢えて言えば、実りをもたらしてくれる存在であり、それがお父さんの立ち位置ということになります。

もちろん、お父さんの存在も、とても有難い存在であることは間違いはありません。子供だって、決してお母さん一人の力で誕生することでは100%ありません。でも、お父さんがどう子作りに関わってきているのかといえば、お母さんの果たす具体的努力より、全然見えにくい部分ってあるのではないでしょうか。

父の日があまり意識されない理由

母の日Mothers’ Dayが大地に生きることを感謝する日だから、敢えて大事なことだとしても父の日を母の日Mothers’ Dayに対峙して同等に祝おうという気持ちは起こらないかもしれません。

お月見など敢えて言えば天に感謝する父の日の意味合いに近い日なのかもしれません。

父の日が母の日Mothers’ Dayに対峙するものという意識が強い程なかなか均衡維持出来ないものなのかもしれません。私達は大地の奥底まで見ることが出来ても、天は全部を知ることが出来ません。

私達が生活をしてふれあう身近なのも大地の方であり、やっぱりお父さんよりお母さんの方が身近な存在なのです。

ただし実際にお母さんが感謝されれば当然お父さんも感謝されなければならない存在であることは間違いありません。

なんで母の日Mothers’ Day重視の世界が出来上がってしまったのかといえばやっぱりお父さんが普段目に見えない存在であり、子供さんにとって天にも近い存在だからとも言えるのではないでしょうか。子供さんは小さい頃からお母さんとの時間を長く過ごして来たのです。

ずっとお母さんといた

いかがでしょうか。私達は大地に生き、時として天を無視してしまうことがあります。更になかなかお家に帰ってこないお父さんを無視してしまうこともあります。そのようなことを考えるとやっぱり母の日Mothers’ Day重視はいたしかたのないことなのかもしれません。