教えて!母の日プレゼント

2019年4月3日

母の日Mothers’ Dayは、奥様のためにもある

 

母の日Mothers’ Day、みなさんはいろいろ思うことがあるのではないでしょうか。母の日Mothers’ Day、みなさんは奥様に対してどのようなモチベーションでいらっしゃるのでしょうか。

日本とアメリカの母の日Mothers’ Dayは違う

アメリカでも母の日Mothers’ Day、お母さんに対して感謝の気持ちを持っていますが、アメリカと日本では、母の日Mothers’ Dayに対しての向きあい方は、ちょっと違うといいます。

そもそも、母の日Mothers’ Dayと言えばおおかた、日本人の方々は、お母さんに対して感謝しプレゼントを贈る日と思っているでしょう。

海外の方々が、日本に来て生活をしたりするとき、日本の母の日Mothers’ Dayに対して、いささか違和感があると言います。

それ以前は、アメリカと、日本の母の日Mothers’ Dayは、同じという情報があっただけに尚更という感じではないでしょうか。

日本人の方々は、娘・息子から、自分の母へ
「産んでくれて・育ててくれて、ありがとう」と感謝してプレゼントをあげる日だとたいていは思っているはずです。

アメリカの母の日Mothers’ Dayはどう違う?

アメリカの母の日Mothers’ Dayはどう違うのかといえば、母の日Mothers’ Dayとは、母親業をしている女性たちの敬意を示す日とされています。日本人と同じようにお母さんに対してもしっかり感謝したりするでしょう。

それはそれで間違いのないことですけど、アメリカ人に合わせれば、それは極々母の日Mothers’ Dayの一部の見方に過ぎないのです。

日本人の方々って、母の日Mothers’ Day、奥様に対しては関係のない日だと勝手に捉えて、奥様は無視ということが簡単に起きてしまっているようですが、アメリカではそうではありません。

アメリカでは母の日Mothers’ Dayは、奥様のためにあると言ってもいいでしょう。

しかし、アメリカ人の場合、それだけでなく、女友達、あるいは娘や姉、妹と言った、母親と名前がつく全部に人たちに対して、感謝する日なのです。

隣りの母親に、母の日Mothers’ Day、プレゼントを贈るということまでは流石に出来ないかもしれませんが、感謝する気持ちは持ち、奥様に対しても、「いつも頑張って子育てしてくれて有り難う」という感じで、プレゼントを贈ったりしているようです。

「いつもよーくがんばってるね」「今日ぐらいはのんびりしてね」などなど、奥様に対しても、いろいろ感謝したい気持ちもありますよね。

そんな感謝の言葉を母の日Mothers’ Day、プレゼントと一緒にメッセージにして贈ったりしています。

アメリカでは、母の日Mothers’ Day、奥様から旦那さんにプレゼントをねだったりする光景も当たり前に見ることが出来ます。

そのような意味では、母の日Mothers’ Dayって、アメリカにおいて、クリスマスなんかとそれ程変わらないイベントなのかもしれないですよね。

いかがでしょうか。兎に角、日本人の方々は、母の日Mothers’ Day、プレゼントを奥様になんて……と思っていたりしますが、その考えはアメリカ人に言わせれば間違いなのです。

https://emisblog.exblog.jp/15282715/